千葉で行う自分の葬儀の希望を整理して書きだすことを、エンディングノートや終活の一環として考える
Category Archives: 知っておきたい情報

首都圏の公営斎場不足

by admin01

都心部では火葬場の予約が取りにくいとはよく言われています。

とくに千葉県や東京都周辺では、火葬場と葬儀場が同敷地内にある公営斎場は会場移動に関するコストや時間がかからずに葬儀を行うことができるという点が利点とされ、予約が集中するようです。

関東圏では友引の日は火葬場がお休みになります。

また、お正月の三が日もお休みになるので、その前後にはなかなか予約が取りにくくなります。

加えて、通夜振る舞い、葬儀の流れで火葬場へはお昼の12時前後を利用したいという人が圧倒的に多いため、どうしても時間帯、日付の面で集中してしまうため、予約が取りにくいという現象に拍車をかけている面があります。

また、新たな火葬場を建設するためには周辺住民の理解と協力が必要になることから、人口増加エリアに火葬場が増加率にあわせて増えるということはありません。

したがって需給バランスは悪化し、混雑している状況に改善の兆しが見えにくいということが指摘されています。

高齢化社会が進む中、公営火葬場の増加は必至であるという人もいます。

東京都を例に挙げれば、23区内の全ての区内に公営斎場があるわけではありません。

しかし民営の斎場も利用することは可能です。

千葉県ではエリアによっては公営斎場の使用もそれほど待たずに済むところもあります。

経済的に、希望通りの日時で火葬場を利用したいとなると、どうしても混雑している時は待ち時間が発生してしまいます。

待ち時間がなかったとしても、火葬場は多忙を極めることが多く、流れ作業のようなお別れでやるせない経験をしたという人も少なくありません。

長く待ち時間が発生すると驚かれる方も多いのですが、人口集中エリアの火葬場は混雑しているというのが現状です。


千葉での葬儀と口座凍結

by admin01

身近な人が亡くなった時、亡くなった方の銀行口座は基本的に凍結されてしまいます。

そのため預貯金があったとしても、引き出しはできなくなってしまいます。

葬儀に際して亡くなった方の預貯金が凍結されてしまって困ったら、どのように対応するべきでしょうか。

口座凍結とその後の流れは金融機関がそれぞれ必要書類を設けています。

まずは該当の金融機関に確認をして、対応に沿って書類集めを行います。

銀行側は利用者が亡くなって葬儀が行われることがわかると、口座凍結を行います。

口座凍結の主な理由は、遺産分割協議が整っているかどうかの確認なしに遺産に該当する預貯金を移動させないためです。

必要になる書類は、まず被相続人の戸籍・除籍謄本です。

相続人を判定するため、発効日から3か月以内の書類が必要になります。

相続人全員の現在の戸籍謄本も必要になります。

この書類も発行日から3か月以内のものが有効です。

これらの謄本を集めるには、ある程度の時間がかかります。

平日に仕事を休んで役所をまわるという人もいるでしょう。

銀行側ではコピーを取って返却してくれることもありますが、原本を提出するように言われることもあります。

他にも手続きが予想される場合は、多めに取得するなどの工夫が必要です。

また、提出から3か月を逆算して、発行日が3か月を超えないように手続きは迅速に行います。

遺産分割協議書を作成します。

そして相続人の印鑑証明と印鑑が必要になります。

これも発行日から3か月以内のものをそろえます。

金融機関所定の払い戻し用紙、同意書、通帳、キャッシュカードなども合わせて準備をします。

※亡くなった方の整理についての関連ページ⇒URL:http://ddnavi.com/news/212428/a/


Theme by Ali Han | Copyright 2017 千葉の葬儀専門ナビ | Powered by WordPress